緑茶パック

緑茶パック

緑茶パックはあまり聞き慣れない人も多いのではないでしょうか。

しかし、この緑茶パックかなり良い仕事してくれます。
美白効果があるのでシミやくすみ、他にもニキビ、毛穴の黒ズミ・開き、ニキビ跡など様々な効果が期待できます
さらに、緑茶パックに使う小麦粉には保湿効果があるのでシワやたるみに効果的です。
作り方も簡単なので作っていてください。

方法

用意するもの
・お茶の葉(すり鉢やフードプロセッサーなどで粉末にしたもの)  1g
・小麦粉 50g
・水 適量

 

作り方

 

1、お茶の葉の粉末と小麦粉を軽く混ぜる

2、水を少量ずつ入れ、塗りやすい固さにする

 

これでパックは完成です。
毎回計って作るのが面倒な人は、瓶にお茶の葉と小麦粉を混ぜて置いておき使う時に出して水を足せば楽に出来ます。
次はパックの方法です。

 

方法
入浴時の洗顔後に使う。

 

1、塗る
目や口を避けて塗ってください。
2〜3mm程度の厚さに塗って下さい。
あまり薄いとすぐに乾いてしまいます。

 

2、10分前後放置
入浴中におこなうことで血流が良くなりさらに毛穴も開くので効果がアップします。
乾き過ぎないように注意。

 

3、洗い流す
水かぬるま湯で綺麗に洗い流してください。

 

これで緑茶パックは完了です。
後はいつも通りのスキンケアをして下さい。
これで、潤いのある白い肌を手に入れましょう。

注意点

綺麗な肌になれる緑茶パックですが、注意点を守らないと逆効果になってしまいますのでしっかり守ってください。

 

・パッチテストをおこなう
アレルギーのある人がおこなうと大変なので、パッチテストをおこなって下さい。
方法は蜂蜜パックの注意点のところに書いてあります。

 

・乾かし過ぎない
乾かしすぎてしまうとはがす時に肌の負担になってしまいます。

 

・毎日しない
毎日やっても大丈夫ですが、あまりやりすぎない方が良いでしょう。
週1〜2回程度で十分です。
特に肌の弱い人はパッチテストで反応がなくても回数を少なめにした方が良いでしょう。

 

以上のことを気をつけながら正しくおこないましょう。
シミに効果がでるまで最低でも1ヶ月はかかるので続けるようにしましょう。
続けることで徐々に効果が出てきます。
保湿効果等は初めて使ったときに結構実感することが出来ます。